エステとクリニックでは異なる!永久脱毛の仕組み

エステでは永久に生えない処理はできない

エステサロンでは脱毛コースが用意されています。自分で行うのが大変な場合、こちらを利用するときれいに行ってもらえます。コースの中には永久脱毛などがあり、それならと利用する人がいるかもしれません。この時に使われる永久は、一般的に使われる永久とは少し趣旨が異なります。一定期間、ある程度生えないことを意味します。ですから完全に生えてこないわけではありません。エステでは強い機械が使えないので、定期的な処理が必要になります。

医療脱毛なら生えてこない処理も可能

ムダ毛の処理は大変です。剃るにしても、抜くにしても、一定期間ごとにする必要があります。自分で行うと傷みを伴うこともあります。永久脱毛と呼ばれる方法があり、医療機関などでも行ってもらえます。こちらでは、医療用レーザーを医師が操作して行います。エステで使う機械よりも強いレーザーが出るため、毛根にダメージを与えることが出来ます。きれいに焼き切ることが出来れば、それ以降生えてこなくなります。処理に悩む必要が無くなります。

肌の状態をチェックしてもらって行う

夏などに日焼けをすることがあります。すると肌が黒くなります。メラニン色素によって黒くなるわけですが、あることをするときには日焼けはしてはいけないとされています。それは、レーザーを使った脱毛サービスを受けるときです。レーザーは、肌の黒い部分を狙って照射をします。肌が黒いと、全体に照射してしまうことになり、毛の部分にレーザーが集中できなくなります。その他、肌の状態によってできないこともあるので、事前にカウンセリングを受けるようにしましょう。

美容皮膚科の医療脱毛を東京で利用するときには、様々なクリニックの施術メニューと料金体系を調べることが重要です。