ニキビ跡は種類別により改善方法が異なっている

赤みが残るタイプの改善法

ニキビで赤みが残るタイプは、セルフケアで薄く出来ます。ビタミンCが配合された化粧水と美容液を使用すると、赤みを薄くするのに効果を発揮します。ビタミンCは皮脂を抑える効果やニキビの炎症を抑える効果があるため、ビタミンC誘導体だと肌への浸透が高いため効果が期待可能です。手順としては洗顔をした後に、化粧水を付けて乳液を付けます。その後美容液を付けて、イオンを導入します。イオンを導入する事で、ビタミンCの浸透を高められます。

色素沈着タイプの改善法

紫色や茶色の色素沈着タイプも、セルフケアで薄くする事が可能です。手順は赤みが残るタイプと同じで、薄くするのに効果的なものはピーリングです。ピーリングとは古くなった肌の角質が剥がれずに残ったものです。ピーリング剤を使って薄くする方法で、角質を擦って落とすゴマージュやスクラブ等があります。シート状になっていて拭き取るタイプもあり、クリーム等で洗い流すタイプ等種類は色々です。使用頻度としては、1週間に1から2回程度が適しています。

クレータータイプの改善法

クレータータイプの場合は、セルフケアで改善するのは時間がかかります。このため、美容皮膚科で治療を行います。治療費はかかってしまいますが、最新の治療が受けられる重症のクレータータイプでも目立たないようにする事が可能です。軽度のものであれば、ケミカルピーリングでも良くなります。重症の場合はレーザー治療をするしか方法がなく、最近の方法としては線維芽細胞増殖因子を注射するFGF治療があります。これは、肌の凹んだ部分に注射します。

ニキビ跡があると顔の印象変わります。いじりすぎると余計ひどくなったりします。洗顔し清潔に保ち保湿クリームを塗るとわりと早く治ります。潰したりすると化膿してばい菌が入るので注意が必要です。