VIO脱毛って敷居が高い!どうやって脱毛するの?

最近人気のVIO脱毛

ひと昔前までなら、VIOの脱毛というとエステティシャンがそれぞれ脱毛する部分を説明すると大変驚かれたものだといわれています。それが今や、VIO脱毛はごく当たり前のこととなり、大変多くの女性が身だしなみの一つとして施術を受けているのが現状です。でも、いざ自分がするとなったら、いったいどんな感じで脱毛していくのか不安になったりしませんか?はじめてみれば案外普通なものですが、少し敷居が高く感じるのがVIO脱毛なのです。

施術はこんな風に進んでいく

例えばワキ脱毛であれば、キャミソールは着たままでOKというサロンがほとんどでしょう。でも、VIO脱毛の場合は、上は着たままでよくても下は完全に脱いでしまうか紙ショーツに着替えることになります。そう聞くと早速気恥ずかしく思うかもしれませんが、大判のバスタオルをかけてくれるから大丈夫です。脱毛するごく限られた部分のみを出すようにして、必要のないところはバスタオルをかけながら施術は進んでいくので安心です。

デザインも自由自在!

また、ある程度の毛を残すことがほとんどとなるVラインなどは、最近では自分好みのデザインを積極的に伝える女性も多いのだといいますよ。海外のセレブたちの間ではVラインも完全に無毛状態にしてしまうのが流行っているなどといわれますが、施術が進んでいけばなかなか元に戻ることはないので、よく考えてから決めることが大切ですよね。デリケートな部分だけに、無毛にするとそれなりにお手入れも必要になってくることも考える必要があります。

VIOライン脱毛が選ばれる理由として、手の届きにくい範囲のムダ毛を綺麗にできることや、術後の経過が良いことがあります。